肌を白くするサプリ

美人に見られたい?

だったら、肌を白くするのがイチバン。

このページでは、肌を白くするサプリを紹介します。

肌が白いと「美人」に見える

「色の白いは七難隠す」といいますね。

色白な女性は、容姿、性格、老いなど多少の欠点があっても、これらを補って美人に見える、
という意味のことわざです。

実際、色白な女性はおなじ女性の目から見ても綺麗・・・というより「お美しい」感じがして、ハイクラスな女性に見えます。

その効果を狙って、テレビではよく「大女優」さんたちが色白ファンデを塗って、さらに、いわゆる「女優ライト」で照らされていますね。

私たちだって、美人に見られたい!
もちろん女優ライトも、整形もなしで。

そのため、多くの女性が肌を白くする努力をしています。

肌を白くするには?

肌を白くする方法にもイロイロありますが、

  • 日焼け止め
  • 高額なレーザー治療
  • 塗り薬(劇薬)
  • 食事に気をつける

などなど、やり方は様々。

どのやり方にしても、今日やって明日には白くなってる・・・なんてことはありません。

何ヶ月もかけてやっと効果が現れるものです。

ですので、まず大事なことは「続ける」ことです。

ですので飲むだけで肌が白くなるサプリは、手軽で続けやすい方法だといえるでしょう。

肌を白くするサプリの効果

最近では肌を白くするサプリや肌を白くする薬(飲み薬)がイロイロありますね。

でもこれらは、どんな原理で肌を白くするのでしょう?

それをここでお話ししますが、
その前に、「なぜ肌が黒くなるのか?」を知ってください。

肌が黒くなる原理

肌を黒くするイチバンの大敵は、日光に含まれる「紫外線」ですね。

紫外線を浴びると肌に活性酸素が発生し、肌は酸化(サビつき)し、老化します。

これを防ぐために、肌の中に「メラニン」という茶褐色の色素を作り出して、紫外線をブロックするのです。

肌が紫外線で黒くなるのは、この紫外線から肌を守るためだったんですね。

サプリで肌が白くなる原理

紫外線で肌が黒くなる理由は上でお話ししたとおりです。

要は、

  • メラニンを早く皮膚から追い出すか、
  • メラニン自体を作らせないようにする

こんな成分が配合されています。

肌を白くする「サプリ」と「薬」の違い

サプリと医薬品の違いって何でしょう?

効果の高いものが薬で、弱いものがサプリ・・・だと思っていませんか?

  • 医薬品は副作用の心配があるため、国の認可が必要。その代わり、効能・効果を表示できる。
  • サプリは「食品」扱いで、副作用の心配が少ない。認可不要だが、効能効果は表示できない。
    (効能・効果の表示ができる食品が、「トクホ」)

こんな違いがあるのです。

ですので、一概に医薬品の方が優れているとはいえません。

さて、肌を白くするサプリと薬にはどんな違いがあるか、見ていきましょう。

肌を白くするサプリ

肌を白くするサプリには、

  • お肌の活性酸素を除去する「抗酸化物質」、
  • お肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進する成分、

こんな成分が配合されています。

メラニンが作られるのは、紫外線を浴びて発生する「活性酸素」のせい。
この活性酸素を素早く除去してしまえば、メラニンは作られません。

また、できてしまったメラニンは、ターンオーバーを促進することで早く肌から追い出すことができます。

肌を白くする薬(内服薬)は?

肌を白くする薬には、メラニンの生成をブロックする医薬品成分が配合されています。

  • L-システイン
  • トラネキサム酸

などです。

これらは、メラニンを生成する「メラノサイト」という細胞の「メラニンを作る働き」を邪魔する成分です。

メラノサイトの働きを止めれば確かにメラニンは作られず、肌は白くなりますが・・・。

そもそも、活性酸素を発生させないために作られるメラニン生産をを、強制的にストップしても良いでしょうか?

活性酸素は肌の老化させる物質です。

ですので、肌を白くする代わりに、肌の老化を加速させる成分、ということになりますね。

あと、

  • L-システインには「白髪が増える」、
  • トラネキサム酸は「血栓ができやすくなる」

という副作用があります。

サプリと薬、どっちがイイ?

肌を白くする効果でいえば、やはり医薬品の方が上だといえるでしょう。

でも、副作用の心配もあります。

基本的には、

  • L-システインは「糖尿病」の患者、またはその予備群の方
  • トラネキサム酸は「血栓」のある患者、またはその恐れのある方、「腎不全」の患者

は使用を避けてください。

サプリは薬よりも効き目がマイルドです。その代わり、危険性が少ないです。

体のサビつきを抑えて、ターンオーバーの促進もしてくれるので、美肌効果も期待できますね。

私としては、効き目は弱くても安全性が高く美肌効果も期待できる「サプリ」の方がイイと思います。

肌を白くするサプリ成分

ニュートロックスサン(NutroxSun)

「飲む日焼け止め」として有名な成分です。

優れた抗酸化作用を持ち、細胞内の活性酸素まで除去します。

効果が現れるごとに効果は高くなり、85日で56%の紫外線防護効果が認められています。

 

グルタチオン

グルタチオンは、高い抗酸化力を持つタンパク質です。

また、メラニン生産を起こす 酵素「チロシナーゼ」を抑制します。

 

ビタミンE(トコフェロール、トコトリエノール)

若返りビタミンとも呼ばれるビタミンの一種で、脂溶性。

抗酸化力が高く、血行促進作用も持ちます。

ビタミンC(アスコルビン酸)

こちらは水溶性のビタミンで、高い抗酸化力でメラニンの生成を抑えます。

「メラニン還元」の作用も持ち、できてしまったメラニンを薄くしてくれます。

また、コラーゲンの生成にも欠かせないビタミンです。

ビタミンB5(パントテン酸カルシウム)

皮膚の新陳代謝を促して、メラニンの排出を助けます。

肌を白くする医薬品成分

L-システイン

肌細胞の新陳代謝を高めてメラニンの排出を促します。

また、メラニンを生成するチロシナーゼという酵素の生成を抑えたり、チロシナーゼの働きを弱めることで、メラニンの生成を抑えます。

トラネキサム酸

メラニンを作り出す細胞「メラノサイト」を活性化する「プラスミン」をブロックすることで、メラニンの生成を抑制します。

肌を白くするサプリの副作用

肌を白くするサプリを飲むことはリスクがあります。

がんを起こす成分を含むかもしれません

サプリの若干が可能ながんを起こす効果を持つことが判明する ハイドロキノン を含むかもしれません。 速く、いっそう効力がある結果を保証するために ハイドロキノン で強化されたサプリは安全ではありません

選ぶサプリメントが ハイドロキノン を含まないことを確認してください。

アレルギー反応

サプリの有効成分にアレルギーがあるかもしれません。

もしアレルギー反応を感じるなら使うのをやめて、医師に相談してください。

体のホルモンのレベルの変化

成分が我々の体にホルモンの生産を妨げるかもしれません。

ある特定のホルモンバランスの乱れを起こし、ホルモンのレベルを引き上げるか、あるいは下げるかもしれません。

亜鉛の減少

もしより長い期間グルタチオンサプリを飲んでいるなら、体の亜鉛のレベルは減ってしまうかもしれません。

身体的なストレス

頭痛、不眠症、吐き気、嘔吐、消化不良、眠さのような、症状で見られた体に身体的なストレスを起こすかもしれません。

肝臓障害

サプリが常に肝臓に損傷を与えます。すべてのサプリは肝臓を通過していて、そしてその機能に影響を与えます。

肌を白くするサプリを使うと、肝臓が働き過ぎて害を与えるかもしれません。

肌を白くするサプリを使うための助言

医者に相談して下さい

ビタミンCとビタミンEを摂取してください。これらの2つがサプリメントの動きを助けてくれます

サプリと同時にセレンが豊富な食品を摂取してください。 セレンはグルタチオンを含んでいる酵素の形成のために重要です。 セレンを含む食物はオート麦、ブラジルナッツ、クルミ、マメ科植物、卵です。

サプリの指示を読んで、従ってください。

肌の美白を始めるなら、有効成分の最低濃度から始めてください。 次第に服用量を増やしてください

サプリは継続して使ってください

より速い結果を期待して、より多い服用量を使わないでください

どんな肌の美白方法でも、常に健康を第一におくこと。

最初のステップの1つは医療従事者あるいは皮膚科医専門家に相談することであるべきです。 肌の美白の可能な方法についてのすべての情報を持っていることは確かです。正しい知識が、最も良結果を生み出します。